So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク




2013 台風26号 進路予想 米軍 関東に上陸か? [天気]

2013 台風26号 進路予想 米軍 関東に上陸か?について。



大型で強い台風26号は16日朝、暴風域を伴って関東に接近し、上陸する恐れが出てきました。

気象庁は、16日にかけて西日本から北日本の広い範囲で暴風や高波、

大雨に厳重に警戒するよう呼び掛けています。


台風26は、きょう午後6時には、日本の南を1時間におよそ35キロの速さで

北北東へ進んでいるとみられています。

中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル。

中心の東側240キロ以内と西側190キロ以内では、

風速25メートル以上の暴風となっています。



ところで、あなたは台風の予報はYahoo!の天気予報など確認していますか?

米軍の台風進路予想というのが、結構評判良いのでご紹介します。

米軍の合同台風警戒センター(JTWC)が発信している台風の進路予報は精度が高く、

また、日本の気象庁よりも期間を長めに予想してくれるので非常に便利です。

Joint Typhoon Warning Center (JTWC)


ただ、最近は有名になってしまったためか、まともに繋がらない時が多くなってきました。

そんな時は、下記のサイトからも米海軍の台風情報を見る事ができます。

モンテレー海洋気象学部門の熱帯低気圧ページです。

Navy/NRL Tropical Cyclone Page


上記のリンク先のページ左側にある、「West Pacific」の下にあるリンクが、

日本周辺の台風情報一覧です。

今回の場合ですと、「25W.WIPHA」が該当します。

台風の表記は、アジア名です。

現在日本へと接近している台風のアジア名は、「WIPHA(ウィパー)」です。

「25W.WIPHA」へのリンクをクリックすると、台風26号の情報を見ることができます。

下の方に表示されているGIFイメージが米海軍から発信されている台風情報です。

この図での時刻は世界標準時なので、日本時間に変換する場合は+9時間してくださいね。



16日夕方までに予想される雨量は、多い所で東海400ミリ、東北・関東甲信・北陸300ミリ、

近畿250ミリ。

また、その後も北海道を中心に、降水量はさらに増える見込みです。

低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水やはん濫に十分な警戒が必要です。

今後、飛行機はもちろん、船なども欠航になる恐れがあるので、情報収集を怠らないでください!




以上、2013 台風26号 進路予想 米軍 関東に上陸か?についてでした。






nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0




スポンサーリンク


ダイエット食品ランキング サイバーエージェントFXの詳細はコチラ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。