So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサーリンク




東京・調布市 杉森小学校 大串玲子先生が児童に暴言? [事件]

東京調布市 杉森小学校 大串玲子先生が児童に暴言?について。


何とも信じがたいのですが・・・


東京・調布市の市立杉森小学校の50代女性教諭が、受け持っていた児童への「暴言」を理由に

担任を外された問題で、フジテレビの「とくダネ!」が4月19日、女性教諭の「肉声」を放映しました。

放映された画像



教諭は2012年4月から、小学校2年生のクラスの担任についていましたが、

クラスの数人の児童に対し、日常的に厳しい暴言を浴びせていたことが明らかになりました。

保護者からの通報を受けた学校、市教委などは女性教諭を担任、学校勤務から外しました。


その後都教委が、

「懲戒処分に当たらない」

との判断を下したことを受けて、今年の4月から学校に復帰させようとしましたが、

保護者の強い反発があったため、この女性教諭は現在、市教委内で

「研修」を受けているといいます。


「とくダネ!」が放映したのは、保護者がこの問題を学校に通報するため、

児童に持たせていたボイスレコーダーの音声です。



その内容とは・・・

「やっぱりね、勉強ができない人ってのは字を書くのも遅いんだね。
 おまけにねえ、遅いくせに下手だわ」


「どういう脳みそ? 不思議な脳みそねえ」


「持ってきてない人、手挙げて。ああ、いつものダメな人たちね。
 ダメな人生いいかげんやめようと思いません?」


これは酷い。。。

冗談なんかじゃない、まさに児童の心を削るような残酷なものだと思いませんか?

これが50を越えた人間が小学2年生の児童に対して、言う言葉ですか?

教師から、「人生をやめてくれ」なんて言われた子供はどんなに傷ついたことでしょう、、、


00E784A1E9A18C.jpg



絶対に許してはいけないと思います!



以上、東京・調布市 杉森小学校 大串玲子先生が児童に暴言?についてでした。






nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0




スポンサーリンク


ダイエット食品ランキング サイバーエージェントFXの詳細はコチラ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。